【桜の隠れた名所】 国立劇場のさくらまつりで桜を見てきた

国立劇場のさくらまつり

日本には多くの桜の名所が存在しています。青森の弘前公園、長野の高遠城址公園、奈良の吉野山といった三大名所を始めとして、東京では上野恩賜公園、目黒川、千鳥ヶ淵あたりが非常に有名です。
関連記事 :【桜の名所】 東京 千鳥ヶ淵で桜を見てきた(昼ver)
 【桜の名所】 東京 千鳥ヶ淵で桜を見てきた(夜ver)

しかし、そのように有名で人が多く集まるようなところばかりでなく、あまり知られていないけれども桜が綺麗に咲いている場所はありますし、もしかしたら近所の通りや学校だって有名な「名所」に負けない「隠れた名所」だったりします。

今回は、そんな「隠れた名所」の中で、国立劇場のさくらまつりに行ってきました。

国立劇場へのアクセス

国立劇場のさくらまつり

場所的には千鳥ヶ淵から近いのですが、少し歩くため、桜シーズン特有の喧騒からは離れ、かなり落ち着いた雰囲気です。


この国立劇場の前庭で行われるさくらまつりにはどんな特徴があるのでしょうか?
 
  • Twitter
  • Facebook
  • はてブ
  • コメント0
  • トラックバック0
低い!
国立劇場のさくらまつりリーフレット

さくらまつりのリーフレットを見ると、

駿河桜(スルガザクラ)、駿河小町(スルガコマチ)、小松乙女(コマツオトメ)、神代曙(ジンダイアケボノ)、仙台屋(センダイヤ)などの珍しい桜が植えられています。

とあります。

それは確かにその通りで、おそらくここを訪れる多くの人が初めて見る品種ばかりを見ることができます。
しかし、花に非常に興味がある人以外には、このキャッチフレーズの本当に意味するところが事前には分からないと思います。

この国立劇場の珍しい桜の最大の特徴、つまりセールスポイントは、ずばり「低い」ことです。

国立劇場の桜は「低い」

国立劇場の桜は「低い」


この写真で一目瞭然ですが、ほとんどの桜がこの背丈です。この背丈の桜を見たことがある方はあまりいないのではないかと思います。
そして、ここまで低いと、「桜の花の匂いをかぐ」「花を接写する(ものすごく近づいて写真を撮る)」といった、普段あまりできない体験ができます。

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜

近寄れる国立劇場の桜


風情
そして、野外でお茶を点てるときに使う傘や床が並べられ、風情も抜群です。もちろんそこで休憩もでき、お茶も無料で振る舞われます。但し抹茶ではなくほうじ茶ですが(笑)。

野点傘と床が出され、風情ある空間になっている国立劇場の前庭

野点傘と床が出され、風情ある空間になっている国立劇場の前庭


日本的な風情ある空間でまったりしながら、桜を本当の意味で間近に楽しむことができる場所です。間違いなく、ここは「桜の名所」でしょう。

野点傘と床が出され、風情ある空間になっている国立劇場の前庭



このページで使用した写真の高画質版はこちら↓
K8 Post の Facebookページ(写真アルバム)


キーワード「国立劇場」の注目ランキング by amazon (2015/3/31)


K_shell 年代:30代 職業:金融 国立劇場 千鳥ヶ淵 桜 花見 デートコース 日本の風景 olds
42.jpg
スポンサーサイト

共有

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック : 0

TrackBack URL for this entry
http://k8post.blog.fc2.com/tb.php/42-b27ef9a9

コメント : 0

コメントの投稿フォーム
スパム対策として本文中のhttpと@をNGワードに設定しています。
①本文にURLを記載する場合、最初のhを抜いて記載をお願いします。
②本文にメールアドレスを記載する場合、@を(at)と書き直した上で投稿をお願いします。
サイト管理者にのみ通知する。

人気ランキング